しみ・しわ・たるみ改善 Q&A

年齢を重ねると必ず訪れる「年齢肌の悩み」。お肌の老化は25歳ごろから始まると言われています。年齢とともに活性酸素の働きが強くなり、簡単に言えば細胞が酸化により痛んでしまうからなのです。

お肌の老化は、化粧品などを使ったふだんのケアで対応することも十分可能ですが、それは単に年齢肌の悩みの訪れを10年とか15年とか後に延ばすだけです。

ふだんのケアには化粧品のほかに、食事や運動などの生活習慣の改善などがあります。

最近の化粧品には、処方薬に近い効果をもたらす「サイエンスコスメ」もありますが、このサイトでは主に美容外科や皮膚科での治療法をメインに、しみ・しわ・たるみ改善に関するご質問にお答えいたします。

管理人の特選Q&A

しみのレーザー治療には痛みが伴うのでしょうか?

痛みはそおれほありませんが、個人差があります。どうしても痛いと思う場合のみ局所麻酔が施されます。治療後多少痛みを感じる方もおりますので、痛み止めが出されます。痛い時だけ服用するものです。

治療後の状態が気になりますが?

レーザーを照射した部分は当日は見た目にほとんど変わりませんが、その後薄いかさぶた状になります。個人差はありますが、通常1週間前後でそのかさぶたが取れます。

治療後すぐに仕事は可能でしょうか?

入院も必要ありませんし、翌日から通常通り仕事はできますが、1週間は照射した部分がやや赤い状態になります。勤務内容によってご自身でご判断下さい。

管理人の特選