しみ治療のQ&A/しみのレーザー治療【2】

顔全体にしみがたくさんある場合、一度にすべて治療できるか?

患者さんの希望に応じて、一度に顔全体を治療することも可能ですし、治療痕が目立たないように、小さい範囲を少しづつ治療して行くこともできます。料金に関しては一度に治療した方が割安になるケースが多いです。

治療後の通院はひつようでしょうか?

治療後1週間、軟膏塗布、消毒が必要なので可能であれば毎日通う必要があります。毎日通院されるのが無理な場合は、自宅でケアしていただくことも可能です。しかし約1週間後には経過を見てもらう必要があります。

治療後の状態が気になりますが?

レーザーを照射した部分は当日は見た目にほとんど変わりませんが、その後薄いかさぶた状になります。個人差はありますが、通常1週間前後でそのかさぶたが取れます。

副作用はないのでしょうか?

かさぶたが取れた後、3〜4週間経ってまれに一時的な色素沈着を起こす場合があります。しかしこれは一時的なものなので、1ヶ月〜5ヶ月程の治療できれいになります。

色素沈着の治療とはどういうものなのでしょうか?

こうじ酸やハイドロキノンを塗布して赤外線治療を行います。ご自宅でケアできるようにこうじ酸やハイドロキノンが処方されます。ケミカルピーリングなどの美容治療も効果的です。

治療後は化粧しても大丈夫でしょうか?

翌日より可能ですが、患部への直接のお化粧は避け、軟膏やテープの上から軽く行って下さい。

軽度のしみは、ハイドロキノン化粧品で


濃くなったシミを薄くする成分としては、現在ハイドロキノン以上に効果的なものはありません。写真は、ハイドロキノン化粧品の使用前・使用後です。
>> メーカー販売サイト