しわ・たるみ治療のQ&A/外科的な治療【2】

しわやたるみの外科的な治療で治療後の外出や勤務は可能ですか?

その日から外出可能で、翌日からのお仕事も可能です。ただし治療後、内出血をしたり腫れたりすることもありますので、それを考慮して治療されることをお勧めします。

治療後の状態が気になります。

(瞼)軟膏消毒をします。目の周りの治療は内出血をして腫れる可能性があります。腫れは1〜2週間で引きます。 (顔)軟膏消毒をし、治療痕保護の為にガーゼを貼ります。場合によっては内出血をしたり腫れたりすることがあります。腫れは1〜2週間で引きます。

治療後の通院はどのくらい必要でしょうか?

治療後1週間は軟膏消毒と治療後の経過確認の為に毎日通院する必要があります。抜糸の為に1〜2週間目にも通院することになります。

たるみ・シワ取り術で切らない治療法の糸を通す治療法について詳しく知りたいです。

切らないたるみ・シワ取りに関しましては症状などによって適応がありますので医師とご相談下さい。

若い頃と比べると、顔全体のたるみが気になり顔が大きくなった気がします。顔全体にハリを取り戻すにはどうしたら良いでしょうか。

軽微なたるみでしたらレーザー(光)治療等で改善します。重度のたるみであれば、外科的手術により余分な皮膚や脂肪を取り除きます。状態により適応も異なりますし、どの程度改善されたいか等もあるかと思いますので医師と最適な治療についてご相談ください。

小じわ・軽度のたるみは、サイエンスコスメで

しわの改善例

単なる保湿レベルの化粧品を使い続けてもあまり変化は期待できないでしょう。

美容外科や皮膚科に通うことを躊躇されている方は、医療レベルの浸透テクノロジーを採用したサイエンスコスメを試してみるべきです。
>> メーカー販売サイト